幾つになっても「オンナ」

女子は幾つになってもオンナで居たい生き物です。多くの女性は結婚を機に男性と触れ合う時間がめっきり減ってしまうのが普通です。もちろん旦那さんとの営みの時間はそれなりにある場合が多いでしょうが、それでもやはり他の誰からもチヤホヤされない事に寂しさを覚える女性は多く居ます。

人妻が欲求不満になる理由

独身女性でも既婚女性でも「自分を女として扱ってもらえる」というのは嬉しいものです。既婚女性は特に、結婚生活が長ければ長いほど、自分を女性として見てくれる男性が減ってしまうものです。それでも女性の体は50歳を過ぎるまでは女性ホルモンが分泌され続ける構造になっています。中でも30代の半ばから40代に差し掛かる頃には、女性ホルモンの分泌がもっとも盛んになって、性的欲求が高まってくる年齢だと言われています。

人妻が浮気をしてしまう理由

旦那さんが自分の事をオンナとして見てくれなくなった時、人妻は浮気に走るとも言われています。定期的に夫婦の営みがあるならまだしも、セックスレスの夫婦の場合は危険です。周りには人妻を魅力的な女性としてみている男性がたくさん居ますから、そういう人の餌食になってしまうかもしれません。また、そういった状況にある人妻が実際に風俗やデリヘルで働いているケースも少なくありません。夫婦円満なのにデリヘルで働いている女性は、よほどお金に困っているケースを除いて、正直あまり見た事がありません。

そもそも男性は女性を抱きたいと思う生き物ですし、女性は男性に抱かれたいと思う生き物です。大切なのは、幾つになっても若さを忘れない事です。例えば「私もう若くないから・・・」なんて言葉を使ってしまうと、途端に年齢を重ねるのが早くなってしまいます。逆に男性の場合は人妻さんと接する時も「○○さんっていつ見ても若くて綺麗ですねー」なんて言葉をかけてあげたら。もしかしたらその人妻さんのスイッチが入っちゃうかもしれませんよ。